当研究会について

Pocket

「日本スペイン法研究会 (Asociación de Estudios de Derecho Hispánico de Japón)」は、日本におけるスペイン法およびこれを継受する諸国の法制度に関する研究を発展させ、当該研究に関心をもつ国内外の研究者およびその他の者の交流ならびに協力の促進に寄与することを目的として、2005年5月21日に設立された研究会です。

これまで日本国内においては、英米法、フランス法、ドイツ法などに比べると、スペイン法及びこれを継受する諸国の法制度を専攻する研究者が極端に少なく、研究成果の情報を共有したり議論したりする「場」もほとんどありませんでした。各々の研究者は各々で研究活動を行っていたものの、スペインやラテンアメリカ諸国の法制度についての議論を重ねる機会を切望せずにはいられませんでした。

しかし、スペイン法研究の成果をインターネット上に公開していた研究者のもとに別のスペイン法研究者が連絡を入れたことが、スペイン法研究の成果を共有し、議論し、発展させていく「集まり」を作るきっかけとなりました。それは、2004年6月8日のできごとでした。 その後「研究会」の設立を決意し、他のスペイン法研究者を「会員」になっていただけるように募った結果、2005年5月21日に「日本スペイン法研究会 (Asociación de Estudios de Derecho Hispánico de Japón)」が誕生しました。