加藤伸吾会員による「カタルーニャ自治州議会選挙後の動向と有力紙によるスペイン総選挙の世論調査」のツイートまとめ

Pocket

 本研究会の加藤伸吾会員は、twitterを通して最新のスペインの世論調査や政局の動きを紹介されている。

 先日行われたカタルーニャ自治州議会選挙は日本のマスメディアでも多く報道されたが、その後どうなっているのか?と言われると、その点についてはあまり“大きくは”取り上げられていないのが実情である(パリの事件があったせいもあるだろう)。

 また、今年の12月20日はスペインでは衆議院の総選挙が行われ、どのような結果であれ、カタルーニャ自治州独立を巡る動きも含めて、スペインにとっては大きなニュースになることは間違いない。

 会員の日常の活動をご紹介しながら、スペインの最新ニュースのツイートをブログにてご紹介したいと思い、加藤会員の許諾を得た上で、twitterの「まとめ」を以下のように作成した。

 このように、今後も会員の活動や最新のスペインの情報を本ブログにてピックアップしたいと考える。

カタルーニャ自治州の動向について

スペイン総選挙について

なお、スペイン総選挙については、中央選挙管理委員会のウェブサイトも参考になるソースである。

日本スペイン法研究会 Asociación de Estudios de Derecho Hispánico de Japón

日本スペイン法研究会 (Asociación de Estudios de Derecho Hispánico de Japón)は、日本におけるスペイン法およびこれを継受する諸国の法制度に関する研究を発展させ、当該研究に関心をもつ国内外の研究者およびその他の者の交流ならびに協力の促進に寄与することを目的として、2005年5月に設立されました。